RSS フィード メーター:人気ブログランキング

人気記事一覧

記事名

Facebook Twitter はてなブックマーク
アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が食べられなくなった話(2018/05/09)

少しポジティブになってきたので、書いてみたいと思います。 ここ1ヶ月半で経験したことを。イヤ、経験してしまったことを。 怖いですよ、アニサキス。 これから書くのは「誰でもなる可能性がある」リスクのお話です。 「あ〜、アニサキスってアレね、サバとかイカとかサーモンにいる寄生虫ね。それが生きたまま胃や腸に入ると、胃壁とか食い破られて強烈な腹痛に悶絶するヤツでしょ、友達にもいるわ〜、それに気をつけろってことね」 違います。 それも怖いけど、それはいわゆる「アニサキス症」。 内視鏡でアニサキスを掴み出せば治るし、数日我慢すればアニサキスも死んじゃいます。 ボクがいまからするのは、「アニサキス・アレルギー」による「アナフィラキシー・ショック」のお話。 死にかける上に、一生治らない、と言われているものです。 ボクがアレルギー体質というわけではありません。 というか、逆。 幸運なことに56年あらゆるアレ
1924 6984 1924
元官房副長官と語るポリティカル・ドラマとしてのシン・ゴジラ(2016/10/03)

さて、ちょっといろいろあって間あきすぎちゃったので、さらっとシン・ゴジラについて書いてみる(いまさら感)。 ※ここに辿り着くまでのお話しは前回の「2016年上半期にショックを受けた3つの制作物」をお読みください。 前回書いた「衝撃」以外にも、いろんな切り口でいくらでも書けそうな傑作映画ではあるのだけど、このシン・ゴジラ、ポリティカルドラマとしても優れていることは説明するまでもないと思う。たくさんの評論も書かれているし。 そのたくさんの評論の中に、政治家経験も官僚経験もないボクがいまさら薄い論評をひとつ足してもほとんど意味がない。 ただ、この映画、実は「政治や統治に興味がない人にその仕組みを説明するのに最適な映画なのではないか」とは、観てすぐ思った。 なぜなら、観た人はみなすでにその登場人物たちの名前や肩書きまで細かく覚えていたりして、思い入れも強いからである。彼らの関係性をもう少しくわし
36 410 36
企業SNSの「中の人」はもっともっと評価されるべき(2017/03/16)

ボクも選考委員を務めた「やってみはなれ佐治敬三賞」。 記念すべき50周年の今回は、シャープ株式会社のツイッターアカウントの「中の人」に決まりました。 シャープSNSの「中の人」に佐治敬三賞 大阪広告協会賞は小林製薬、特別賞にひらパー この賞は、その名称通り「やってみなはれ」のチャレンジがあるものしか通らないだけでなく、単体の広告アイデアではなく「クリエイター」を評価する数少ない賞です。 受賞者の山本隆博氏(シャープエレクトロニクスマーケティング:シャープツイッターアカウント)がやって来たことは、5年間365日、勇気と工夫をもってヒトと企業をつなぐ、まさに「やってみなはれ」なクリエイティブ・チャレンジでした。 会社が大逆境の中で「個の言葉」で向き合う「勇気」。 毎日ひとりひとりに「@」で返し、つながりと文脈を作っていく「努力」。 社内も含めてたくさんのトラブルがあったであろう
23 1893 23
自分なりのダウンシフト(2017/01/01)

あけましておめでとうございます。 2017年もよろしくお願いします。 昨年は「不特定多数へのコミュニケーションから特定少数のコミュニティへ」という、自分の中での変換を実践してみた一年でした。 具体的には、さとなおオープンラボやゼミの卒業生を中心とした「4th」というコミュニティの運営です(現在約240名。今やってるラボ生が卒業すると約300人)。 4th・・・4番目という意味ですね。 familyという生活仲間、friendsという遊び仲間、workmatesという仕事仲間。それら3つのコミュニティの次に来る「目的仲間」という設定で名づけました。 まぁ、平たく言うと「家族とも、学生時代の友人とも、会社や仕事の仲間とも違う、第4のコミュニティ」でしょうか。 ラボは、世代も職種もライフステージも違う人々が通ってきてくれていて(広告業界は逆に少数派だったりする)、卒業後もとても仲が良いので、「じ
13 683 13
サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い(2016/09/07)

いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。 私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。 震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。 いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。 情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。 な
11 680 11
さとなおオープンラボ第九期、募集開始します! 来年1月中旬より3ヶ月です。(2017/12/04)

本の執筆にかまけて半年も間が空いてしまいましたが、さとなおオープンラボ第九期、募集を開始したいと思います。 2013年夏より始めた「さとなおオープンラボ」。 おかげさまでご好評をいただき、東京は第八期、関西は第二期まで続けることができ、全部で306人の仲間ができました。今回はその九期目の募集です。1月中旬から4月中旬までの3ヶ月、10回のコースになります。 土曜クラス2クラス、平日クラス(今回は火曜日)1クラス、各12名の計36名の募集です。 応募〆切は、12月18日(月)24時。 選考発表は12月28日(木)22時〜24時くらいに各人にメールでお送りします。 12月28日は、もう休暇に入っている方もいらっしゃるかもしれませんが、選考通過メールにお返事をいただいたことをもって正式決定になりますので、旅行中もメールチェックをお願いします(旅行中でも受け取れる個人メアドでご応募ください)(どう
10 759 10
さとなおオープンラボ第八期、募集開始します!(2017/04/10)

2013年夏より始めた「さとなおオープンラボ」。 おかげさまで東京は第七期、関西は第二期が終了し、270人の仲間が出来ました。1クラス12名(関西は21名)の少人数制なので、21クラス終了したことになります。 で、今回『東京八期』をやることにし、募集を開始したいと思います(前回、東京3クラスと関西クラス日帰りを同時期に開催しカラダを壊しかけたので、今回は東京のみの開催です)。 3クラス、各12名の計36名。 応募〆切は、4月24日(月)24時。
 選考発表は、5月2日(火)21時〜24時くらいにメールをお送りします。 連休中で旅行中の方もいらっしゃるかもですが、選考通過メールへの返事をいただいて正式決定になりますので、旅行中でも申し訳ありませんが、メールチェックをお願いします(旅行中でも受け取れる個人メアドでご応募ください)(どうしてもメールが読めないエリアに旅行する方は応募メールにその旨
9 705 9
今日でサイト21年目。ちょっとリニューアルしました(2016/08/20)

1995年8月20日に開始した「www.さとなお.com」。 今日で21年目を迎えました。 まだヤフージャパンもグーグルもなかった頃に、アメリカのレストラン「NOBU」のホームページ(当時はとてもクールで先端だった)のhtmlソースを丸コピし、英語の部分を日本語に替え、四苦八苦しながらFTPし、とにもかくにも個人ホームページを発信しはじめたのが21年前の8月20日。 きっかけは同年1月に起こった阪神大震災だったんだけど、その後、東日本大震災の影響で更新が滞ったとはいえ、15年くらいはほぼ毎日更新し続けてきました。 で、今日、何回目かのサイトリニューアルをしました(とはいえサイトトップのデザインのみだけど)。 前のデザインも気に入っていたんだけど(いまや巨匠となった木谷友亮くんデザイン)、もう10年ほど使ってきたので、気分転換にちょっと変えてみました。手伝ってくれた蝶野薫さん、吉原潤さん、イ
6 403 6
きっと、「もてなし」って、会っている間の接客をさすのではない(2017/03/18)

江戸時代の大老・井伊直弼は、毀誉褒貶の激しい人物だが、ボクは尊敬に近い念をもっている。 彼が茶の湯について語った、こんな言葉に出会って以来、ずっとである。 余情残心。一期一会。独座観念。 一期一会、は、有名だよね。 原文はちょっと難しいので、超訳を先に上げてみる。 ぜひ、読んでみてください。 茶席が終わり、主客ともに名残惜しく別れの挨拶を済ませ、客が露地にでたならば、もう声高に話さず、亭主は客が見えなくなるまで静かに見送るものである。 すぐ中潜り、猿戸、その外戸障子などを閉めてしまうのはよくない。今日の饗応が台無しになってしまう。 客が帰って行く姿が見えなくなっても、片づけを急いではならない。 心静かに茶席に戻り、炉の前に独り座って、「もうちょっと話がしたかったな、今頃はどの辺まで帰られただろう」などと思いながら、今日の一期一会はもう二度と再び巡り来ぬことを観念する。独りでお茶を点てて一
5 299 5
矢野顕子トリオで「ゴジラのテーマ」!(2016/08/22)

♪ドシラ、ドシラ、ドシラソラシドシラ まさか『ゴジラのテーマ』をアッコちゃんがやるとは! ファンクラブ会員である友人のおかげで毎年通わせてもらっている夏の恒例「矢野顕子トリオ @ブルーノート」に今年も行ってきた。8月20日20時の部。今年は矢野顕子40周年の記念でもある。 矢野顕子、ウィル・リー、クリス・パーカー。 この至高のトリオのジャズ演奏。本当に本当に素晴らしく、過去に何度も書いている(※2014年と15年はFB(フェイスブック)のみで書いててブログに書いてない)。 最高のステージ2つ。CKBと矢野顕子!(2013年) 毎夏恒例 矢野顕子トリオ・ライブ@ブルーノート(2012年) 世界最高峰のトリオ! 矢野顕子@ブルーノート(2011年) 今夏もすごかった、矢野顕子@ブルーノート(2010年) 矢野顕子ライブ @ブルーノート(2009年) アッコちゃんはもちろんなんだけど、ウィル・リ
4 203 4
RSSフィード メーター:人気ブログランキング
フィードメーターを生成