RSS フィード メーター:人気ブログランキング
TABI LABO

TABI LABO

TABI LABOは、カルチャーやライフスタイル、トレンドにテクノロジー、おもしろいモノから、感動するコトまで。いま世界で起きているあらゆるトピックを扱う、「世界とつながるネクストマガジン」です。

人気記事一覧

記事名

Facebook Twitter はてなブックマーク
いざ、官能の世界へ。男女の固定観念に風穴をあける美人画(2017/12/10)

どうして、男性が楽しめる「エロ」のほうが、女性のものよりも多いのでしょうか?これは、今に始まったことではありませんし、表現する自由があるはずの美術史においてもです。西洋も東洋も関係なく、“官能芸術”は、男を喜ばせるための作品の量が圧倒的。「女は慎ましくあらねばならない」という固定観念は、時代とともに薄れつつあるものの、女性たちはもっと心に秘める欲望を解放してもいい!と私は思うのです。木村了子さんの美男ばかりの日本画は、「女性の権利」を堂々と主張してくれています。そんな、彼女に詳しく話を聞いてみました。作品名:「Heroes 男子鍛錬図屏風」本当に描きたいものは、 「女性のハダカ」じゃなかった。作品名「ヴァニラの香り」木村さんは、もともと「エロ」をテーマにした“女性像”を描いていました。が、2003年に開いた個展のときのこと。男性のお客さんのあ
5302 99 5302
わたしが飲み会で “えらい人” のとなりになったとき、あえて「なんもしなかった」理由(2018/07/08)

女優志望のマルチクリエイター、「はましゃか」がたったひとりで立ち上がった……。
4586 851 4586
「ネガフィルム」にかざせば、画像をデジタル保存できるアプリ(2017/06/07)

家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔の写真を現像したくなった時のために、捨てることもできずにそのまま。この画期的なアプリさえあれば、保存していたネガの出番がようやく回ってくるだけではなく、かさばっていた「昔の写真をしまい込んだ引き出し」も、少しは整理できそうです。かざして1秒、 茶色のネガが「デジタル化」「Film Lab」というアプリを使ってネガをスキャンすれば、一瞬にして昔撮った写真をデジタル化して、保存ができるとのこと。今まで持ち運べなかった思い出も、ポケットにしまえるようになるというわけです。読み込んだフィルムに適切な画像処理を自動でしてくれるため、わざわざ加工する必要もなし。「Kickstarter」で資金を募るとすぐに話題になり、公開してからなんと5日で目標額を
3503 19212 3503
馬のために作られた「スニーカー」が、世界の共感を呼んでいる(2016/11/10)

普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイテムなどではなかった。馬にやさしい 釘が不要の蹄鉄そもそも、馬の蹄(ひづめ)には、蹄鉄(ていてつ)と呼ばれる器具が取り付けられていることが多い。これは蹄の損傷を防ぎ、運動能力を高めるためのもので、日本では明治以降に用いられるようになったそうだ。しかし、蹄を削って釘を打つことで装着するため、少なからず馬を刺激してしまうという問題もある模様。そこで、この「Megasus Horserunners」が生まれたというわけ。最大の特徴は、なんといっても釘が不要であること。蹄の表面とMegasus Horserunnersの内側にシールを貼り、これをピタッとくっつけて固定。金属を一切使用せず、水色とオレンジの鮮やかなカラーリングが印象的な新型蹄鉄は、
2707 2175 2707
明日の夜は、ピンクの満月「ストロベリームーン」を見逃すな!(2017/06/08)

初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!今年最小だけど 最高にファンシー!「国立天文台」によると、今年のストロベリームーンは、月が地球にもっとも遠い位置にあるため、1年で1番小さい満月なのだとか。最大の大きさと比べると14%変わるようなので、肉眼でも変化に気づけるかも。それにしても、なぜピンク色に染まるのでしょうか?「The Telegraph」によると、夏至に近いため、太陽は高く、月は低くなります。ふたつの距離が離れると、空気の層にどんどん太陽の光が吸収されて、最後に残る赤色だけが月に反射され、この色になるそうです。一緒に見るなら 恋仲がベスト…かも?ピンク色の月なだけあって、一緒に見ると恋愛運が高まるとか、そうでないとか。明日はほとんどの地域で雨の心配がなさそうなので、「華の金曜日」に
2030 46360 2030
部屋が散らかっている人のほうが、実は「優秀」だった。(2017/08/28)

キャリア系の本を開けば、仕事がデキる人の机はだいたい綺麗で余計なものを部屋に置かない、だとか。たしかに、片付けができないと「だらしない=仕事もできない」、そんなイメージが湧くの納得。けれど、奇才、天才と称えられる偉人たちの身の回りは、必ずしも整理整頓されていたワケではありません。「身の回りが散らかっていること」 それは、知的な人の共通点 Albert Einstein Fan Page さん(@alberteinstein_)がシェアした投稿 - 2016 11月 26 7:14午前 PST Steve Jobsさん(@steve._jobs)がシェアした投稿 - 2016 8月 7 3:37午後 PDT Pablo Picassoさん(@pablo___picasso)がシェアした投稿 - 2015 1月 15 11:38午前 PST例えばドラマでも、天才的な研究者や芸術家の部屋は
1860 24211 1860
「ふたりの人生は、何がちがったの?」。格差社会にメッセージを投げた漫画(2017/02/12)

努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そんな問題を描いた、Toby Morrisさんのマンガ。貧しい家庭に育った子供が、貧しいままになってしまうという現象は「貧困の再生産」とも呼ばれ、その視点をわかりやすくまとめたこの作品はアメリカでも話題になりました。リチャードとポーラの人生左はリチャード。両親はいい感じ。右はポーラ。親はまあ、あんまり。家庭のちがいリチャードの家は暖かくて清潔。棚は本でいっぱいで、冷蔵庫はごはんでいっぱい。ポーラの家は人でいっぱい。ものはあんまりない。汚くて、うるさくて、病気になりがち。両親のちがいリチャードの親は、子どものためになんでもしてくれる。 「いい子だ!」「賢いわね!」ポーラだってそうだよ。だから共働きなんだ。学校のちがいリチャードはいい学校に行く。
1200 3674 1200
音楽を聴いて鳥肌が立つ人は、普通とは違う脳の持ち主。(米・研究結果)(2017/10/19)

1129 2752 1129
ブラックホールが「星を飲み込む瞬間」をNASAがついに捉えた!(2016/10/01)

アメリカ宇宙航空局(NASA)が公開したこの写真。ぽっかりドーナツ状に弧を描いた宇宙空間の穴の中に流星が突入、こんな印象を受けるかもしれない。だが実際は「巨大なブラックホールが星を飲み込む瞬間」らしい。星を破壊しながら 炎をあげる瞬間言ってしまえばブラックホールも天体のひとつなわけだが、あまりに高密度で重力が強いため物質だけでなく、光すらも脱出できない。それゆえ、近くを通る星は一瞬にして吸い込まれ、跡形もなく消えてしまう。これまでX線観測衛星の記録を元に解析した、星を飲み込む瞬間の再現映像はあった。が、実際の様子を捉えたのはこれが初めてたそう。「ブラックホールに接近する恒星の潮汐破壊を赤外線エコーによる撮影でこんなにも鮮明に確認できたのは初めてですよ」、とはNASAでブラックホール研究の指揮をとるジョンズ・ホプキンス大学Sjoert van Velzen研究員のコメント。潮汐とは、恒星の表
1086 4605 1086
畳めばバッグに入っちゃう!「本気のお昼寝」用モバイルベッドが登場(2016/04/26)

ぽかぽか陽気で日だまりでのお昼寝が気持ちいい季節になりました。そんな時、持ち運べるベッド「Ca.Mia」をお供にして本気ですやすやしちゃいましょう! 畳むとトートバッグに入っちゃう! 一見天蓋付きのかわいいベッドですが、 真ん中をへこませて、 両端を ぱたん。 マットレスの空気を抜けば… ぺったんこに! くるっと丸めれば、こんなに小さく。 トートバッグにすっぽりです。 寝心地も良さそう…。 思い立ったらすぐ「おやすみなさい」 「ここで寝たい!」という場所が決まったら、ふくらませるだけ。屋根部分についているメッシュが蚊帳の代わりになるので、お外でのお昼寝も心置きなくできちゃう。 突然のお客様やペット、オフィスにも!用途は多そう。「本気の仮眠」を望む人はおひとついかがでしょう。 Licensed material used with permission by Ca
1000 24813 1000
RSSフィード メーター:人気ブログランキング
フィードメーターを生成