RSS フィード メーター:人気ブログランキング
未来のいつか/hyoshiokの日記

未来のいつか/hyoshiokの日記

未来のいつか/hyoshiokの日記

人気記事一覧

記事名

Facebook Twitter はてなブックマーク
図書館の使い方(2017/02/18)

自分は図書館が大好きなので、しょっちゅう図書館に行っている。中学時代に可愛いこが図書委員をやっていたので、その頃から図書館が好きだ。図書館短大の女子と合コンをしたこともある(関係ないけど) 通勤の行き帰りに図書館に寄るのがもはや日常と言っても過言ではない
38 51 38
ジョイ・インク、読了(2016/12/18)

川口さんが持っていたジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメントを読んだ。 著者が2001年に設立しCEOをやっている会社(以下メンロー社と呼ぶ)を題材に、ソフトウェア開発のマネジメント手法について書かれている。本書をソフトウェア開発手法の解説書だと捉
22 54 22
ITカンブリア紀の眼はIoTで、インターネットは神経回路網で、クラウドは脳だ(2017/01/02)

インターネットによって地球規模の神経回路網が出来上がって、ITカンブリア紀が始まったというような世界観に我々はいる。 カンブリア紀は生物の種が爆発的に増えた時代と言われているが、その爆発には眼の発達が深く関わっていると言われている。生物が眼を持つことによっ
18 31 18
高校生が電子商取引の授業で販売ページを作った話(2016/10/20)

インターネットのパワーと可能性を高校生に伝えたい(楽天IT学校)(id:hyoshiok:20160914:p1) で書いた通り、高校生にインターネットのパワーと可能性を伝える授業をやっている。 その授業の成果が本日15時からアップされている。 http://item.rakuten.co.jp/bunza/c/000000
17 39 17
眼の誕生、カンブリア紀大進化の謎を解く。読了(2016/11/13)

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解くを読んだ。 ダーウィンの悩んだ謎についてそれを解き明かしている。カンブリア紀は、生物が突如、爆発的に進化したことで知られる。 ダーウィンは「5億4300万年前、カンブリア紀の始まりと同時に、生物は突如、爆発的に進化した。
13 9 13
作文技術の本のリスト(2017/06/01)

理科系の作文技術(中公新書)という1981年に発行された名著がある。 先日、その本についてお話しする機会があったのだが、それを話すにあたって、作文技術の本をあれやこれや手に取ってみた。本屋で適当に見つけたものやら図書館で手に取ったものなど、備忘録としてリストし
11 32 11
本を読め、恋をしろ(2017/07/18)

モノを書いて自由に生きる。―Writer Career Meeting―というイベントに参加した。 ローカルジャーナリストの田中輝美さんと作家・編集者の田村真菜さんのトークを中心にジャーナリストで法政大学社会学部准教授藤代裕之さんがモデレーターをするという構成だった。 田中さ
8 115 8
記憶力を強くする、池谷裕二著、読了(2017/02/08)

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)を読んだ。 記憶術とか速読術とかかなり胡散臭いと感じているのだけど、ついつい読んでしまう。斜に構えて読んだのだけど、ごめんなさい。最近の脳科学の研究成果に基づいた入門書だった。予想とい
6 128 6
『学術書を書く』、『できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)』読了、濫読日記風、その11(2017/06/04)

東大駒場リサーチキャンパス公開2017に行った。東大生産技術研究所など研究成果を一般公開するイベントだ。中高生なども見学に来ている。最先端の技術が展示されていて面白かった。来年は丸一日遊びに行こうと思った。喜連川先生もお元気そうで何よりでした。*1 生協の売店
6 15 6
ゆるゆるゲーデル、エッシャー、バッハ(略してGEB)本、読書会中(2017/06/08)

ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環 20周年記念版(略してGEBげぶ)本、読書会中*1 一体何に関する本なのだという疑問を持ちつつゆるゆる読書会中だ。ゆるゆるゲーデル、エッシャー、バッハ(GEBげぶ本)読むので、「ゆるげぶ読書会」と呼ぶ。主催者の白石さ
5 34 5
RSSフィード メーター:人気ブログランキング
フィードメーターを生成