RSS フィード メーター:人気ブログランキング
Web担当者Forum

Web担当者Forum

「ウェブ担当者や制作者、ウェブマーケターが語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題を解決できる”ような場所が日本にはない」そういうウェブワーカーの声に応えるために、インプレスビジネスメディアがお届けするウェブサイト関連の総合的な情報リソースが「Web担当者Forum」です。

人気記事一覧

記事名

Facebook Twitter はてなブックマーク
モバイルの「続きを読む」ボタンにグーグルの主要メンバーが不快感、将来は検索で不利になるのか?【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ(2017/02/10)

694 1868 694
日本の消費者は「無関心化」している? アクセンチュアが語る衝撃の調査結果とその対処法とは(2016/08/08)

日本の消費者は製品・サービスに対して「比較・検討しない」「興味・関心がない」 コンサルティング事業を行うアクセンチュアが、7月28日に「グローバル消費者調査2015」の調査結果を発表した。その場で、日本や米国などの先進国では「消費者が無関心化している」という衝撃的な内容が語られた。 先進国は、情報過多により「わがまま化」を経て「無関心化」のステージに入っている その状況に企業が対応するためには、「購買行動を代行する」「ニーズを創造する」といった新しいアプローチが必要になるという。 一体、消費者に何が起きているのだろうか。実際の調査データとともに解説する。 世界33か国で約25,000人を対象に行われたアンケート調査 アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 顧客戦略グループ マネジング・ディレクター 田村 学氏 同調査は、同社が世界の消費者行動や意識を毎年調査しているもので
555 2622 555
Amazonが送料無料を止めた真相、書店を潰したのはだれだ | 企業ホームページ運営の心得(2016/04/20)

九州の震災、犠牲者に哀悼の意を表し、被災者の一日も早い復興を祈念しております。 また、できることはあまりないかも知れませんが、お力になれることでしたら、最大限の協力を惜しみません。本サイト及び、弊社サイトよりお声かけくださいませ。 それから被災地、及び周辺のWeb担当者のみなさん、東日本大震災当時の拙稿が、些少でもお役に立てましたら幸いです。 心得其の452 無料廃止の衝撃 tashka2000/iStock/Thinkstock ネット通販のAmazonが通常配送料の有料化を発表し、Web界隈が騒然としました。さまざまな憶測が飛び交い、年会費を支払うことで無料が継続される「プライム会員」への移行を促進し、国内ネット通販市場を支配した後に、値上げを目論んでいるという「陰謀論」まで飛び出します。 「ユーザーを囲い込んでから会員費を値上げするに違いない」と、プライム会員費が当初の約2倍
349 113 349
世界30%のSSL証明書が3月と10月に強制無効化!? あなたのサイトが大丈夫か確認する3ステップ | 編集長ブログ―安田英久(2018/01/30)

今日は、WebサイトのSSL/TLSサーバー証明書の話題です。世界で30%以上のシェアを占めるシマンテック系のSSLサーバー証明書が、2018年3月と10月に、段階的に無効扱いされるようになります。自分のサイトは大丈夫か確認する方法と、なぜそうなったのか、対応方法などを解説します。 2018年3月と10月に多くのSSLサーバー証明書がChromeとFirefoxで無効化 ベリサイン/シマンテック系のSSL/TLSサーバー証明書が、次のスケジュールで無効化されることが、すでに決まっています。 対象のサーバー証明書の発行元: Symantec GeoTrust RapidSSL Thawte 無効化スケジュール: 2018年3月15日ごろ: Chrome 66のベータ版で、上記発行元が2016年6月1日より前に発行した証明書を信頼しないようになる 2018年4月17日ごろ: Chrome
312 924 312
「御社のスマホサイト、遅いから19%離脱してるよ」グーグルのわかりやすい測定サービス登場 | 編集長ブログ―安田英久(2017/07/04)

今日は、スマホサイトの表示スピードをチェックして、読み込みの遅さが原因で離脱している訪問者がどれぐらいいると推定されるかを教えてくれる、グーグルのサービスを紹介します。 読み込みが遅いと離脱する。スマホならなおさらね 「モバイルでのページ読み込みが遅いせいで、これぐらいの人を逃してるよ? 改善しないともったいないよね?」という切り口で、モバイルに特化したページ表示速度の改善を促すサービスを、グーグルが提供しました。 オンラインで利用できる「モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする」というサイトなのですが、正式名称は「Test My Site」のようです(実際にサイト上でその名前が使われてるのはドメイン名だけですが)。 モバイルサイトの読み込み速度とパフォーマンスをテストする Google の新ツール「Test My Site」を活用してモバイルサイトの読み込み速度を改善し
311 1876 311
王道になりつつあるシングルカラムレイアウト。ハンバーガーボタンも標準化? | Webデザイン、これからどうなるの?(全10回)(2018/03/28)

Chapter 2レイアウトNo. 11シングルカラムシングルカラムレイアウト 3行で理解! モバイルを中心にあらゆるWeb閲覧環境でも閲覧しやすい標準形 環境によるデザインの差を抑えること 閲覧者はリニアに情報に触れるため情報設計が重要 すべての要素を縦に積んでいくシングルカラムレイアウトは、HTML構造の原則としても、情報設計の面としても標準的なレイアウトだ。モバイル環境への対応が最優先と言える現代のWeb環境の基礎となるレイアウトである。 どんな画面サイズにも適応できる。 http://transbooks.center/ 「モバイルファースト」時代の標準形 モバイルファーストなWebサイト制作が叫ばれて久しい昨今、今までPCを中心としたWebサイト制作手法も、スマートフォンやタブレットなどモバイル環境を中心としたものに移り変わりました。PC向けに制作されていたマルチカラム
305 755 305
わかりやすい文章の10大原則(第2回) | Web文章入門(全7回)(2017/08/18)

302 6033 302
SEO、楽しいですか? 実データに見るSEOとUXの関係性と対策 | 【レポート】Web担当者Forumミーティング 2016 Autumn(2017/01/25)

近年、SEOにおける検索体験(SX)やユーザー体験(UX)の重要性が叫ばれている。しかし、データ偏重の考えに陥りがちではないだろうか? 株式会社サイバーエージェント Ameba統括本部 メディア本部 SEO戦略室 室長 / 京都大学経済学研究科 研究員 木村 賢氏 「Web担当者Forum ミーティング 2016 秋」では、サイバーエージェントの木村氏が 「データから見るSEOとUXの関係性と対策」と題して、SEOとUXの事例と対策について解説した。 SEOは、楽しいですか? 今日のセミナーでは、「テクニカル的にこの施策を実行すれば、明日から数字が伸びます」といった魔法の杖的なノウハウは紹介しません 木村氏は冒頭から釘を刺したうえで、やや過激な問題を提起した。 近頃、SEOが面白くなくなってきている その理由として木村氏は、次の事実をあげる。 Googleは、昨年あたりから急
302 526 302
文章力が上がる3つのテンプレート「SDS法」「PREP法」「穴埋め文章作成法」(第2回) | 次々に読まれる文章とは?(2017/06/08)

298 695 298
【詳細解説】グーグルの検索品質アップデートは日本オリジナル、著作権や情報の正しさは見ていない | 編集長ブログ―安田英久(2017/02/07)

【グーグル取材あり】グーグルが、日本語検索におけるサイト品質の評価を改善するアップデートを導入したことを、2月3日に発表しました。このアップデートの特徴や、グーグルに取材した内容を解説します。 すでに、SEOの専門家であるso.laの辻さんが初期分析を行い、どんなサイトが影響を受けているのかなどを解説した内容がいくつかのメディアで報じられていますが、この記事でも改めてお届けします。既存の情報は次のリンクをご覧ください。 日本語検索の品質向上にむけて(Google ウェブマスター向け公式ブログ) キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い(ITmedia NEWS) グーグルが検索アルゴリズム改善を発表 「キュレーション」系メディアがランクダウン(Buzzfeed) グーグル、日本語検索のアルゴリズム変更を発表、品質低いサイトの順位低下(SEMリサーチ)
295 382 295
RSSフィード メーター:人気ブログランキング
フィードメーターを生成