RSS フィード メーター:人気ブログランキング

人気記事一覧

記事名

Facebook Twitter はてなブックマーク
メダルラッシュ!吉田沙保里さんのリオ五輪は自分の銀1つ、自分が蒔いた種が獲った金4つを得る実りの時だった件。(2016/08/19)

たくさんのメダルと、「自由」を手にして!まだ夢を見ているような気持ち。リオ五輪レスリング女子53キロ級、吉田沙保里さんが負けました。本当に吉田沙保里が負けたのか。あの吉田沙保里が負けたのか。あらゆる強豪が吉田沙保里を避け、幾多の敵をなぎ倒してきた高速タック
8350 0 8350
高校野球の女子マネージャーをグラウンドに立たせないのは、「安全性」ではなく「理想の萌えと違うから」だと思う件。(2016/08/03)

性差別というか、性癖なんだよね!2日、夏の高校野球の本番会場練習において、ちょっとした騒ぎがありました。大分県のチームが練習の際にユニフォーム姿の女子マネージャーを選手と一緒にグラウンドに立たせたのだそうです。いつもやっていることなのでしょうか、シートノッ
2106 1870 2106
祝・卒業!笑顔の女王・浅田真央さんが「選手としてのフィギュアスケート」を終え、それ以外の無限の未来へとリスタート。(2017/04/11)

浅田真央さん、ご卒業おめでとうございます!旅立ちの日、うれしい朝。寂しさを包み込むように祝福の花吹雪をまいて、この日を祝いたいと思います。浅田真央さん、現役引退。選手としてのフィギュアスケートを卒業し、真央さんが新しいステージへと旅立ちます。笑顔で、ハイ
1122 651 1122
挑戦する前に諦めてしまう人に届けと願って、物議も厭わずに送った羽生結弦氏の思いのリレー。(2017/08/29)

「沖縄では日テレが映らないんです!」そんなことを言い訳にするなと怒られそうですが、仕方なかったのです。僕自身もビックリしました。夏の心身回復のためにこの週末、僕は沖縄にいました。現地ではオリオンビールなどを飲みながらゆっくりとテレビを見て、ノートパソコン
1097 280 1097
100年先に歴史を振り返ったとき、平昌五輪の頂点に立つのが真・SEIMEIであったならこんなに誇らしいことはない件。(2017/08/10)

アルティメットSEIMEI!平昌五輪が間近に迫るなか、羽生結弦氏の注目のフリープログラム演目が発表されました。完全に予想外だったその演目は、2季前に世界最高記録をマークした『SEIMEI』。これでショートプログラムのショパンのバラード1番とあわせて、SP・フリーともに「
1052 34 1052
銅メダルを獲ったのに切ない涙があふれるのは、その瞬間にはなかった笑顔を、これから愛が作らなくてはならないから。(2016/08/17)

愛を、ヒーローにしてやりたかった。すごくつらい。ただただつらい。客席の大歓声がつらい。佳純ちゃんの笑顔がつらい。美誠ちゃんのガッツポーズがつらい。「さすが五輪4回目の経験者」という労いがつらい。「3人の勝利です」という絆がつらい。卓球女子団体戦の銅メダルが
1000 5357 1000
【悲報】羽生結弦氏が「自分で作って、自分で食べる」を始めたため、午前4時で2017年のバレンタインデーは終了した件。(2017/02/15)

私はバレンタインに絶望した!出家する!2月14日、セントバレンタインデー。僕は午前4時の東京で悶絶していました。脳内でこだまする「ニャー!」というテンパった声と、「ああああああああ!」とうめきながらキーボードを叩く自分。わずかな楽しさを胸に残しつつも、大半は
966 21 966
地元スターの欠場でスンッとなったフィギュアスケートNHK杯は、楽しいオッサンたちの大活躍で特別な好試合となった件。(2017/11/12)

諦めない人にだけ訪れる幸運!フィギュアスケートGPシリーズ・NHK杯は、少し寂しい大会となっています。日本期待の羽生結弦氏が練習中の負傷で欠場となったのです。熾烈な争奪戦によって完売となったはずの会場には、転売の失敗によるものか若干の空席も生まれていました。早
898 29 898
「最高の羽生結弦」に向かって!NNNドキュメントで羽生氏が出したメッセージは、世界を安堵させる回復宣言だった件。(2018/01/15)

最高の羽生結弦へ!14日の深夜、僕は羽生結弦氏を特集した日本テレビ「NNNドキュメント」を見ていました。右足の怪我以降、その容体も漏れ伝わるのみというなかで、最新の映像でも見られやしないだろうか……そんな想いだったかもしれません。足はどうだろうか。練習はどうだ
885 34 885
羽生結弦氏が平昌五輪のショートプログラムに「バラード第1番」を起用した理由をしばし考えていたら俄然燃えてきた件。(2017/05/30)

これがバライチ1、これがバライチ2、そしてこれが…バライチ3だぁぁぁっ!ファーストインプレッションは平穏、セカンドインプレッションは納得、そしてそのあとに押し寄せてきた気づきによって、僕は「ふぅぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」となりました。羽生結弦氏が、平昌五輪シーズ
860 63 860
RSSフィード メーター:人気ブログランキング
フィードメーターを生成